2019/01/29

スタンスミスのソールの汚れ:オキシクリーン×重曹ペーストで解決できます!!

白のスタンスミス、とても愛用しています。

でも、白のスタンスミス、すぐ汚れますよね。

毎回、「もう捨てようかなぁ。」と思いつつも、オキシクリーンでなんとかまた履ける状態にしています。

私のスタンスミスのメンテナンス方法

オキシクリーンでアディダスの靴"スタンスミス"の白さが一瞬で蘇った成果報告。

一昨年から履いていいるので、ついに、オキシクリーン漬けだとソールの汚れが取りきれなくなってきました。

でも、この度、オキシクリーンを使ったスタンスミスのソールの汚れを取る方法を見つけました。

そこで、今回は、オキシクリーン×重曹ペーストでスタンススミスのソールの汚れを取る方法をご紹介します。

これはスエード素材のスタンスミスにはNGな方法です。

今一度、ご自身のスタンスミスのアッパーがスエード素材ではないか確認してください。

【大大大失敗】スエードのスタンスミスはオキシクリーン絶対NG。光沢が無いスミスは要注意!

オキシ×重曹ペーストでキレイになったスタンスミスのソール

まずは、今回、オキシクリーン×重曹ペーストで蘇ったソールをご覧ください。

左側がソールの汚れを取る前のスタンスミス。

右側がオキシ×重曹ペーストを使った後のスタンスミス。

完璧!とまではいきませんが、かなりキレイになってますよね。

スタンスミスのソールの汚れを取るオキシペーストの作り方

ソールが綺麗だと、全体の印象も違ってきます。

ぜひトライして頂きたいので、オキシ×重曹ペーストの作り方をご紹介しますね。

①準備する物

スタンスミスのソールの汚れ取りペースト作りに必要なものは、

  1. オキシクリーン
  2. 重曹
  3. ぬるま湯

この3つです。

②オキシ×重曹ペーストの作り方

オキシクリーン・重曹・お湯を1:1:1で混ぜるだけ。

これだけです。

ただ、オキシクリーンと重曹を先に洗面器などに入れて、ここにお湯を少しずつ入れて混ぜていって、シャポシャポにならないように気をつけてください。

シャポシャポになると、ソールに塗りにくいので・・・。

スタンスミスのソールからオキシペーストを洗い流すときの注意点

できたオキシ×重曹ペーストをスタンスミスのソールに塗っていきます。

水分が多くて塗りにくい時は、塗って少し待ってみてください。

水分が自然に抜けてペーストがソールに留まります。

こんな感じになります。

(靴裏が汚くてすいません・・・)

で、このまま1時間くらい放置して洗い流すのですが、ブラシでこのペーストをゴシゴシしてから、洗い流してください。

そうすると、こんな風にキレイになります!

アッパー(靴の上側)部分もついでにキレイになっていますよね。

※※※

今回も「もう捨てようかなぁ」と思ったスタンスミスをまた復活させました。

このスタンスミスは、アディダスの公式サイトで一昨年6480円で買ったもの。

大活躍なので本当にお買い得でした。

スタンスミスは、今やどのセレクトショップでも置いてますが、アディダスの公式サイトだと格安で買えることも多いので、チェックしてみて下さい。

※現在この↑スタンスミスは売っていません。

【送料無料】オキシクリーン(1500g)

オキシクリーンは、お家の掃除にも使えるのでもっておくと便利です。

換気扇・レンジフード・五徳の油汚れやカウンターの大掃除の方法~オキシクリーン使用~とかかった時間。

まだ使ったことが無いという方は、1つあると色々な物に使えて便利なので、ぜひ使ってみてくだい。