2019/07/10

【体験談】家事代行料理サービス利用は贅沢!?ブログ管理人が定期利用できた解決策をご紹介。

最近は、お料理の代行サービスを、TVなどでちょこちょこ耳にしますよね。

で、主婦にとって家事からの解放は夢ですから、「使ってみたいなぁ~。」と思いますよね。

でも、自分の代わりに家事をしてもらうのにお金を使うなんて、こちらの方が夢のまた夢。

しかし、家事代行の料理サービスを贅沢でなく利用できる方法があります!

そこで、今回は、このブログ管理人"uzura"が家計を贅沢させずに料理代行サービスを利用する方法をご紹介します。

料理代行サービスの定期利用9カ月目に突入しました。

私は、家事代行サービス会社"カジー"の料理代行サービスを利用しています。

実は、現在、すでにカジーの料理代行サービスの定期利用をして9月目に突入しています。

(※これ↑が私の利用履歴画面です。★は私がつけた評価です。)

 

【CaSy】のお料理代行利用登録

家事代行サービスの料金は料理コース1カ月約3.6万円。高いし贅沢な出費。

Casyの家事代行の利用料金は、

  • 利用頻度
  • 利用時間
  • 鍵のお預けサービス

などで変わってきます。

カジー家事代行の詳しい料金体系はこちらの記事をご覧ください。

カジー(CaSy)の料理代行を利用した感想!出来上がった料理や申し込み・当日までの流れもご紹介。

我が家の場合は、週1回3時間利用&鍵のお預けサービス無し・キャスト指名有りで、1回あたり約9000円かかっています。

つまり、1カ月で、カジーの料理代行の定期サービスに約36000円支払ってるということです。

毎月36000円が出ていくなんて、やっぱり高いですよね。相当な支出です。

「贅沢だなぁ・・・」と自責の念に駆られることもしばしばです。

家事代行の料理は生活全体の幸福度をあげてくれる!!

しかし、贅沢&高額だとわかっていても、カジーの料理代行サービスの利用がやめられません。

Casyの料理代行利用がやめられない理由は、

  1. 毎日おいしい料理が食べられる。
  2. つらい献立決めや料理作りから解放されて精神的にも肉体的にもラク。
  3. 子供に「こんなご飯でごめん・・。」と自責の念を抱かなくていい。
  4. 仕事帰りに無理矢理お惣菜を買う必要がなくなり時間も体力も無駄にしなくていい。

①毎日おいしい料理が食べられる

カジーのキャストさんが作った料理は、家庭料理でありながら丁寧&一工夫されているので、普通の主婦が作る料理よりだんぜん美味しいです。

Casyの料理代行で作ってもらった料理の写真がある記事はコチラ

家事代行カジー料理サービスの作り置きおかず8品を大公開!!

毎日、毎晩、おいしい料理が食べられるというのは、とても幸福度が高いです。

②つらい献立や料理から解放される。

料理って何が大変かっていうと、作るのはもちろん、献立を考えるのも大変なんですよね。

疲れている時に献立を考えるのはとても億劫。

体調の悪い日に食事を作るのはとてもツライ。

献立や料理作りから解放されるのは、肉体的にはもちろん、精神的にもかなり楽。

生活のストレスがかなり軽減されます。

③子供に「こんなご飯でごめん・・・」と自責の念を抱かなくて済む。。

育児や仕事に疲れて、満足にご飯が作れない時、食卓を見て、「晩御飯がしょぼすぎる・・」とか「お惣菜と冷食だらけだ・・・」とかで、子供達に対して、自責の念に駆られることってないですか?

平日なんて、いつもこの気持ちが押し寄せてきていました。

しかし、カジーの料理代行サービスの作りおきおかずで、平日の晩御飯で、子供に対して「こんなご飯でごめん・・・。」と思わなくて済むようになりました。

自分で作った料理でないことに後ろめたさは無いの?といわれても、それはキッバリ「無い。」といえます。

そもそもお惣菜も冷食も自分で作った料理でないです。

さらに、キットオイシックスなんかの料理キットも自分で作った料理?と言われたら、かなりグレー。

週末は自分できちんと料理を作っているので、時間の無い平日に作らないのは、全然問題無いと思います。

④仕事帰りのお惣菜買いが無くなり時間も体力も無駄にしなくて済む。

今まで、仕事の帰りにお惣菜を買うことが多かったのですが、これも苦行でした。

理由は、

  • 子供が小さいので食べられるお総菜が限られている。
  • なかなか目ぼしいお惣菜が見つからず時間が無駄になる。
  • 保育園のお迎えの時に荷物になる。

こんな感じです。

仕事帰りにお惣菜を買うのは、なかなか決められない時は選ぶこと自体が苦痛で。そして、それを持ってお迎えに行くのも大変。

これをしなくて済むのは、肉体的にも楽ですし、1分1秒を争う夕方の時間帯を有効に使うことができます。

家事代行サービス料が家計に贅沢にならない解決策はトータルの食費の維持

ただ、メリットが大きいからといって家計が赤字になるのに、カジーの料理代行サービスを使い続けることはできません。

そこで、私は、カジーを継続利用するためにこんな解決策を打ち出しました。

我が家のカジーの料理代行サービス利用前の月の食費は、約8万円。

(基本的に外食はしません。しても、数カ月に1回程度)

もっともっと節約されてる方も多いと思いますが、我が家ではコレ限界です。もっとかかっている月もありました。

カジーの料理代行サービス利用すると、まず、これに1カ月3.6万円かかる。

また、朝ごはんや休日の昼ご飯・カジーの作り置きおかずに添える野菜などに、1カ月2万円は必要。

そこで、月の食費を料理代行サービス利用する前と変えないために、料理代行で使う食材費を、1回あたり(8万円-3.6万円-2万円)÷4≒6000円とすることとしました。

これを守れば、カジーの料理代行サービスを利用しても5人家族の1カ月の食費を8万に抑えられます。

さらに、会社のお昼ごはんをお弁当にしたので、私の昼食代も1/3以下になりました。

※※※

こんな風にきちんと計画して利用すれば、家事代行サービスが家計の重くのしかかるということはなくなります。

そして、ママはもちろん、家族もおいしい料理と穏やかな時間を持てることで、幸福度はあがります。

 

家事代行サービスCaSyの申し込み

うん!?料理代行サービスを利用しなければ、月の食費が3.6万円浮くのでは?とお考えかもしれません。

しかし、それはやっぱり無理なんです。

6000円の食材で1週間分の献立を考えて作り置き。

まず、こんなの大変すぎて無理ですよね。

ママだってしんどいですから、結局、お惣菜買ったり、料理キットを頼ることになりますよね。

お惣菜・料理キットを取り入れると、食費って爆上がりするんですよね。

でも時間も無いし、体もしんどいから仕方ないんです。

なので、1カ月の食費に料理代行サービス料金を上手に組み込めないか考えてみて下さい。

そして、1度でも良いから、ぜひ、プロを頼ってみてください。

カジーの申し込み方・料金・当日までの流れについては、こちらの記事を!

カジーの料理代行の料金・申し込み・当日までの流れをご紹介。