Z会中学受験コース4年生スタート!1カ月目の感想(学習内容・スケジュールと1日の学習時間や課題など)

我が家の長男は小学1年生からZ会の通信教育を受講しています。

小学1年生の自宅学習は公文式かZ会か?結果、我が家の家計に負担がかからないZ会に入会【Z会の小学生コースの口コミ】

現在小学2年生。Z会小学生ハイレベルコースを1年以上継続した感想(大変だった事と良かった事)。我が家流の学習計画表も公開。

小学3年生からは中学受験コースを受講。

Z会中学受験コース(3年生)半年の感想。親は大変だけど実力をつけるコスパは最高。

そして、Z会では一足早く小学3年生の2月から小学4年生のコースがスタートしました!

そこで、今回は、Z会中学受験コースの小学4年生の学習に1カ月取り組んだ感想や学習時間をご紹介します!


Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

(3月30日までに資料請求すると・・・

進級前におさえておきたい学習事項を簡単にチェックできる『かんぺきワーク』をもらえます!)

Z会中学受験コース小学4年生の2月の学習内容と感想

Z会中学受験コースの小学4年生の学習は、入試基礎力を向上させることを目標としています。

算数・国語・理科・社会のいずれの教科も、学習指導要領で定められた学年を超えた内容を習います。

(例えば、学校では小学6年生で習う内容を小学4年生で学習したりします。)

Z会中学受験コース小学4年生2月の算数の内容と感想

■小学4年生の2月の算数の学習内容

2月(小学4年生の学習がスタートする月)の算数は、小数と小数のかけ算でした。

全6回で添削問題が2回です。小学3年生の時より添削問題が1回増えました。

全6回で、小数のしくみ、小数第3位までの足し算・3桁の小数のかけ算まで学習します。

■小学4年生の2月の算数の感想

小数の計算の学習なので、公文などで学習が済んでいるお子さんはスラスラ進められると思います。

我が家の長男は、初めての内容でしたが、整数の足し算・3桁のかけ算を習っているので、理解はしやすかったようです。

そこまで苦痛に顔をゆがめることなく学習を進めることができました。

ただ、どの回も練習問題の問4は難しく、これは苦戦します。

問4は、この単元の学習内容を入試レベルまで引き上げた問題。これは一人では全然解けません・・。

(私も教えるにあたり、「?」となることもあります・・・・)

それでも難しい問題に触れることが大切なので、先生の解説動画を見たりして、理解させようとしています。

Z会中学受験コース小学4年生2月の国語の内容と感想

■小学4年生の2月の国語の学習内容

2月の国語は、物語の場面/文章の組み立て1を学習しました。

全6回で添削問題が2回です。小学3年生の時より添削問題が1回増えました。

1回目は、物語の場面で、いつ・どこで・誰が・何をを意識して文章を読む練習をします。

2回目以降は、読み取り(読解力)の問題に取り組みます。

■小学4年生の2月の国語の感想

基本的に、小学3年生の時と同様、読解力の問題に取り組む感じですが、難易度は上がっています。

物語の一場面が切り取られて出題されるわけですが、その場面がどんな場面かをつかむのが難しいと感じました。

ただ、小学3年生での学習で、かなり読解力の問題を解くことに慣れたようで、苦戦しつつも私の予想より解けました。

小学3年生の学習の成果を感じた瞬間でもあります。

国語はいかに文章から逃げずに読み解くかが大切だと思っています。

場面想定が難しい4年生の問題も逃げずに読めるようになれば、さらに読解力は身に付くと思います。

Z会中学受験コース小学4年生2月の理科の内容と感想

■小学4年生の2月の理科の学習内容

2月の理科は、植物の成長(1)でした。

発芽に必要な条件や植物の成長に必要な条件・植物のからだのつくり・植物の一生などを学習しました。

学習回数は全4回で、てんさく問題が1回。

小学3年生の時の実験学習がなくなり、学習回数が2回増えました。

■小学4年生の2月の理科の感想

今回は、身近な植物を学習するということで楽しんで取り組めました。

特に、テキストにカラーで植物のイラストが沢山入っているので、視覚的にも理解しやすいです。

ただ、小学3年生の時と比べて、覚えないといけない事の量は、各段に増えました。

我が家では、先生の講義動画を見る前に、わからないながらもテキストを一度読ませます。

そうすることで、ぼんやりと「今日はこういうことを学習するのかぁ~」とわかるようで、効果的です。

いきなり先生の授業を聞いても、心の準備(頭も)ができていないようで、全然理解できていなかったりします・・・。

さらに、テキストを読むときは、声を出させて読むのがベスト。イヤでも一字一字丁寧に読むことになるので!

Z会中学受験コース小学4年生2月の社会の内容と感想

■小学4年生の2月の社会の学習内容

2月の社会は、市のしくみ(1)でした。

「市」と「公共しせつ」・公共しせつと市役所・市議会に行こう!・市長になろうなどを学習しました。

学習回数は全4回で、てんさく問題が1回。

小学3年生の時の体験学習がなくなり、学習回数が2回増えました。

■小学4年生の2月の社会の感想

今回の「市のしくみ(1)」では、最終的に、公職選挙法や条例などといった子供が聞いたことも無いようなことを学習しました。

そのため、それに到達する前に、

  • 身近な図書館・消防署が公共しせつであること
  • 公共しせつを運営するために税金が使われていること
  • 公共しせつを運営するための市の役割

などの子供が身近に感じることから学習し、ここから、市議会→選挙→公職選挙法・公約などを学べるように工夫されています。

小学4年生の子供(実際にはまだ3年生)に、公職選挙法・公約などといった子供がピンとこない内容だけを覚えさせるのは大変です。

このZ会の学習のすすめ方はとても取り組みやすいと思いました。

(それでも、なかなか一回学習しただけでは、公職選挙法とか覚えないし、書けませんが・・・)

今回のように子供がピンとこない学習内容の時は、親が色々なエピソードを話すのが大切だなぁと思いました。

例えば、「お父さんとお母さんが、時々、選挙いくっていって小学校行くときがあるでしょ?あれが選挙だよ!」とかです。

こういったエピソードを話すことで、子供は少し身近に感じ、記憶にも定着しやすいようです。

Z会中学受験コース小学4年生2月の社会の内容と感想

実は、上記の学習のほかに、各教科には、ドリル学習があります。

ドリル学習は、今月までの学習した内容を復習する問題が出題されています。

算数であれば、計算問題を中心で9問ほど出題されます。

各教科の勉強に加え、このドリル学習にも取り組まなければ、いけないのですが・・・・

我が家は、ドリル学習に取り組めていません(時間と気力が足りないです・・・)。

Z会中学受験コース小学4年生の1日の学習時間と1カ月のスケジュール

Z会中学受験コース小学4年生の1カ月のスケジュール

Z会中学受験コースの小学4年生の学習、我が家は、毎日1教科こなしています。

1日1教科取り組んで、アドバンステキストと添削問題が終えられるスケジュールです。

Z会中学受験コース小学4年生の1日の学習時間

小学4年生になると、どの教科も1回あたり1時間半くらいかかります。

なので、1日の学習時間は1時間半くらい。

算数は、時々、練習問題の問4が解き終わらない時もありますが、今の息子の集中力からは1時間半が限界です。

Z会中学受験コース小学4年生の学習の今後の目標

小学4年生の学習の今後の目標

小学4年生になると、また一段、学習の内容が濃くなってきます。

子供は、逃げたい気持ちから、よく私に質問したり、私に解かせようとしたりします。

確かに、まだ現段階では、子供が1人で解説動画をみてテキストを読み、完璧に学習をマスターするのは無理。

しかし、そろそろ、親子で一通り学習を終えた後の「添削問題」は、分らない箇所は、テキストを見返して自分で答えを探すくらいにはなって欲しいと思っています。

小学4年生の学習の今後の目標を達成するための取り組み

なので、まずは、暗記が肝の社会から、添削問題に取り組む時、

  1. 何も見ずに問題を解く
  2. わからなかった問題は自分でテキストから答えを探す
  3. 答えが見つかったら、その項目のテキストの内容を音読する

といった取り組み方にさせて、最後に私と一緒に回答を見ることにします。

理科も暗記分野の場合には、この方法で取り組ませます。

(算数・国語・理科(計算分野)は、今まで通り、子供が自分ひとりで解いた後、私と一緒に答えを確認するスタイルで行こうと思います。)

※※※

小学生の勉強を見るのって大変ですね。

まだまだ、心も体も成長段階なので、学習を理解するまでに色々な所で壁があります。

でも、面倒ですが、一緒に自宅で学習に取り組むことで、自分の子供の学習の理解度がよくわかります。

大変ですが一緒にがんばりましょう。


Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

(3月30日までに資料請求すると・・・

進級前におさえておきたい学習事項を簡単にチェックできる『かんぺきワーク』をもらえます!)

おためし教材は無料なので、

  • Z会の学習ってどんな問題を解くのかな?
  • 中学受験ってどんな感じなのかな?

と思ったら、ぜひ、資料請求して、お子さんと一緒に取り組んで、ご自身の目で確かめてみて下さい。