コンバースは疲れる!解決策はビルケンのインソール。無敵になったよ!

2019年春夏もスニーカーが大人気ですね。

中でも、コンバースとスタンスミスを使ったコーデの提案がとても多いですね。

以前からスタンスミスを偏愛している私ですが、この度、うん10年ぶりにコンバースを買いました!

コンバースは、今季のトレンドにもよくハマるし、良いのですが、大問題はスニーカーなのに長時間履くと結構足が疲れるんですよね。

アラフォーだと、腰にきます。スニーカーなのに。

そこで、今回は、コンバースの足疲れる問題の解決策をご紹介します。

足疲れしないためには、Made in Japanコンバースを選んだ方が良い!

お店で売っているコンバースには、Made in Japanの物とそうでないものがあります。

Made in japanのコンバースは、1万円以上しますが、ソールの反り返りが全然違います。

靴を上側にギュッとそらしても自然に曲がってくれます。

それだけ、Made in Japanのコンバースは足の動きにフィットしてくれるということです。

Made in Japanのコンバースは、1万円以上して高いですが、歩きやすさを重視したら絶対にMade in Japanがおすすめです。

EMMEL REFINES 【MADE IN JAPAN】 CONVERSE ALL STAR OX / コンバース オールスター / ローカット エメルリファインズ シューズ【送料無料】

※こちら↑は、今、楽天DEALの対象なので、20%(2000ポイントちょっと)の楽天ポイントがもらえます。

CONVERSE CANVAS ALL STAR J HI 【MADE IN JAPAN】【日本製】 コンバース オールスター J HI NATURAL WHITE

コンバースにビルケンのインソールを入れれば疲れない!

ビルケンのインソールはどの靴でもビルケンの履き心地を再現できる優れもの

しかし、コンバース、Made in Japanを選んでも、そうでないものに比べると格段にマシですが、長時間履いていると足がだるくなって疲れます。

このコンバースの足が疲れる悩みを解消してくれるのが、ビルケンのインソール!

昨今、サンダルが大人気のビルケンシュトック。

ビルケンを生み出したドイツでは健康サンダルと認識されているだけあって、土踏まずなどをしっかりサポートするつくりになっています。

ビルケンのインソール(中敷き)は、そのビルケンの履き心地をどの靴でも再現できるように作られています。

(本当は、インソールが先に売り出されていたそうです。)

なので、コンバースはもちろん、他の靴にもビルケンのインソールを入れると、しっかり足が固定され、靴の中で足が泳がず疲れにくくなります。

コンバースなどのスニーカーに最適なビルケンのインソールはハーフソール

レギュラー幅【インソール】BLUE-FB TRADITION/ブルーフットベッドトラディション

ビルケンのインソールも色んな種類が販売されています。

コンバースなど、スニーカーの履き心地を改善したい場合には、このハーフソールが良いとビルケンのスタッフさんに言われました。

ビルケンのインソール初日は違和感を感じるけど、すぐに馴染む!

なので、このビルケンのインソールを入れていますが、履き心地がしっかりとし、疲れにくくなりました。

ただ、ビルケンのソールを入れた初日は、少し違和感を感じます。

しかし、しばらく歩いていると違和感を感じなくなり、逆にインソールを抜くと違和感を感じ、歩きにくくなります。

ビルケンのインソールの耐久年数は3年だし、使いまわせるのが◎

ビルケンのインソールの耐久年数は3年だそうです。

とても長持ちですよね。

サンダルをお持ちの方はご存知だと思いますが、サンダルも全然くたびれないですもんね。

(サンダルは修理もしてもらえます。)

しかも、インソールは、コンバースの他の自分の他の靴にも使えまわせるのでとてもコスパが良い優れものです!

※※※

Made in Japanのコンバースは、そうでないコンバースより5000円くらい高いです。

さらに、ビルケンのインソールも4000円くらいします。

なんだかコンバースにこんなにお金をかけて履くのかぁって感じですよね。

ただ、すぐ疲れてしまうという理由で全然履かないのなら、いつでも履けるようにカスタマイズするのが断然おすすめです。

履きたくて買うわけですし、がんがんボロボロになるまで履いた方がお金が生かされてます。

ビルケンのインソールは、ほかの靴にも使えるので、活用すればコスパは良いです。

(私は、スタンスミスにも入れてます。)

さらに、足が疲れたり腰がだるくもならないので、健康にも良いですよ!