2019/07/05

双子ママのズボラやりくり方法

こんにちは。双子ママ"Uzura”です。

双子を妊娠していることがわかったら、皆さん、真っ先にお金の不安が頭をよぎるのではないでしょうか?

我が家は、2人目に双子を授かりました。

なので、いきなり子供が3人!?お金大丈夫!?やっていけるの??とかなりパニックになった覚えがあります。

そこで、双子育児中にストレスをためない上手なやりくり方法をご紹介します。

双子育児1年間に必要だったお金

こちら↓記事にも詳しく紹介していますが、双子を1歳まで育てるのに必要だったお金は約75万円。

双子1歳までの育児費用は約75万円。1カ月だと約6.5万必要。

さらに、双子1歳までにかかったお金75万円の内訳を見てみると・・・・

双子1年間円グラフ

このように、ミルク代とオムツ代が約半分を占めています。

双子育児に必要な出費

1年間の双子育児費用の大変が必要不可欠な物への出費

さらに、この双子1年間の育児費用の項目を、必要な出費と抑えられる出費という観点で分けてみましょう。

上のグラフで、双子育児で抑えられない出費・欠かせない出費は、

  • ミルク関係
  • オムツ・おしりふき
  • 予防接種
  • 入院費
  • 光熱費アップ
  • シッター・タクシー・(一時保育)

こんな感じです。

つまり、双子育児に必要不可欠な物への出費が、双子1年間の育児費用の大部分を占めていいるのがわかります。

双子育児に必要不可欠な物への出費は最小限に抑えればそれでOK

これらの双子育児に必要不可欠な物への出費は、赤ちゃんの成長や他の兄弟の生活に必要不可欠な出費。なので、削れません。

これらの物にお金がかかるのは仕方のないこと。

思考を、あまりにも節約に重点を置いてしまうと、お金を使うこと=罪悪という感覚に陥ってしまいます。

必要な物にお金を支払う時にまでストレスを感じていると体がもちません。

必要不可欠な物への出費は必要経費と割り切り、むしろ、「良く頑張って支払ってる!!」と自分をほめるスタンスでいてください。

双子育児に必要な出費を最小限にするコツ

ただ、これらの双子育児に必要不可欠な物への出費も最小限にすることはできます。

逆にいえば、双子育児に必要な物への出費は、最小限にすれば、それ以上の節約はできないということです。

なので、育児に必要不可欠な物への出費は最小限に抑えれば、節約完了です。

では、具体的に双子育児に必要な出費を最小限にするコツ3つをご紹介します。

双子育児に必要な物への出費を最小限に抑える3つのコツ

  1. 必要なものはできる限り安く買う
  2. 必要なものは同じショッピングサイト等で購入してポイントを貯める
  3. 必要なものの支払いは同じクレジットカードを利用してポイントを貯める

え?これだけ?という感じかもしれませんが、年間総額を見るとおわかりだと思いますが、塵も積もれば山となるです。

双子育児に必要なミルク代を最小限にするコツを使った効果

我が家は、このミルク関連品を買う時に、双子に必要な出費を最小限にする3つのコツをあてはめました。

  1. ミルクは8缶セットで購入。1缶あたりの価格を安価にする。
  2. 同じショッピングサイトで購入してポイントを貯める。
  3. 同じクレジットカードで購入してクレジットカードのポイントを貯める。

コツ①の効果:いつもミルク8缶まとめ買いで年間7680円コストダウン

ミルクはまとめ買いで1缶あたり80円ほど安く買えます。

我が家は1か月平均8缶は消費していたので、年間で8缶×12カ月=96缶です。

1缶ずつ買っていた場合と比べると年間でミルクを7680円安く買えました。

コツ②の効果:いつも楽天市場で購入して1年間で1968円分のポイントゲット

双子育児開始当時、「ほほえみ」のミルク8缶を楽天市場でまとめ買いするのが一番安価でした。

そのため、常に、ミルクの購入は、楽天市場で購入。

楽天市場は、通常、100円のお買い物につき最低でも1円分のポイントが貯まります。

ミルク8缶が約16400円なので、1回ミルクを買うと164円分のポイントゲット。

この方法で1か月に1回、12カ月連続ミルクを購入すると、1年間で1968円分のポイントが貯まります。

(楽天マラソン開催期間中などのポイントアップキャンペーン中だともっと貯まります。)

コツ③の効果:いつも楽天カードを利用して1年間で1968円分のポイントゲット。

年会費無料・楽天市場でよく買い物をするので、私のメインカードは楽天カード。

楽天カードは、楽天カードで支払いをすると、100円につき1ポイント貯まります。

そのため、1年間このミルク代をクレジットカードでカードで支払うと、1年間で164円×12=1968円分のポイントが貯まります。

※※※

必要なミルク代を最小限に抑えるために3つのコツを守ったことで、11,616円の節約ができました。

同じようにして、オムツ代なども出費を最小限にすることはできます。

双子育児で抑えられる出費と散財しないコツ

一方、双子育児で抑えらえる出費・やりくりできる出費は、上のグラフの項目でいうと、

  1. 被服費
  2. その他に含まれるオモチャ代

くらいです。

私は双子育児開始以降、この2項目の出費は結構抑えたので、全体に対するパーセンテージは低いと思います。

ただ、双子育児で抑えられる出費が、この2項目しかないとはいえ、赤ちゃんの洋服やオモチャは、散財しだすとキリがありません。

たった2つの項目とはいえ、意識して抑えていきましょう。

双子育児で洋服やオモチャを買う時には、

  1. 赤ちゃんの洋服は必要な時に買う。
  2. 洋服が一番リサイクル品を利用できる。
  3. オモチャはバザーで安く買える。

この3点を意識して、出費を抑えて下さい。

①赤ちゃんの服は激カワ。でも本当に必要なときに購入しましょう。

赤ちゃんのお洋服って見てるととても可愛いんですよね。

ついつい買いたくなる気持ちとてもわかります。

でも、しっかり歩けるようになるまでは、割と、おでかけってしないんです。

なので、赤ちゃんの洋服は本当に必要なときに買いましょう。

②洋服が一番リサイクル品がある

双子育児で必要な不可欠な物は、ほぼ消耗品です。残りません。なので、お下がりというものが存在しません。

しかし、洋服はサイズアウトして着られなくなっても残ります。

そのため、お洋服はリサイクル品やお下がりを頂けるチャンスがあります。

洋服は、リサイクル品やお下がりを活用して、出費を抑えられます。

③オモチャはバザーで一番安く買える。

オモチャもリサイクルショップ等で良く販売されています。

これも普通にお店で購入することを思えば、出費を抑えられますよね。

しかし、私の経験では、一番オモチャをお得に買えるのは、幼稚園や公民館で行われるバザーです。

バザーで出されているオモチャってとても綺麗なのに非常に安価な場合が多いです。

バザーのお知らせ等を見かけたら、お散歩がてら顔を出してみてください。

※※※

双子はなんでも同時にお金がかかるのが大変だと思います。

どうしても「節約。節約。」と思いがちですが、必要不可欠な物への出費まで罪悪感を感じていては息がつまります。

(ただでさえ、双子育児で息が詰まっているのに・・・・。)

なので、双子だけでなく子育て全般にいえることだと思いますが、常に、必要な出費なのか贅沢な出費なのかを意識して、やりくりしていくのが良いなぁと思います。